« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月 6日 (木)

扶養控除の改正

ゴールデンウィークが終わりました。木・金と2日休みを取れば日曜日まで引き続きゴールデンウィーク中という人もいるかもしれませんね。

私は、5連休で、のんびりすることができました。

関東地方はずーっとお天気も良く快適でしたね。

さて、民主党に政権交代してからの平成22年の税制改正。

目玉マニュフェストの一つである「子供手当」の影響を受けて、所得税法では、以下のように扶養控除の改正がありました。

国税庁からも詳細を記載してあるパンフレットが出てます。

◆今までは・・・

 一般控除対象扶養親族・・・控除額38万円

 特定扶養親族(16歳以上23歳未満)・・・上記38万円に+25万円

 老人扶養親族(70歳以上)・・・上記38万円+10万円(同居老親の場合は更に+10万円)

◆改正後

 年少扶養親族(16歳未満)・・・控除額0円

 一般控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満)・・・38万円

 特定扶養親族(19歳以上23歳未満)・・・上記38万円に+25万円

 一般控除対象扶養親族(23歳以上70歳未満)・・・38万円

 老人扶養親族(70歳以上)・・・上記38万円+10万円(同居老親の場合は更に+10万円)

 この改正は平成22年度の税制改正によるものですが、適用は平成23年からなので、お給料計算時の控除する源泉所得税は、今まで通りの源泉徴収税額表で計算することになります。

 平成19年から税額表の内容は変わってないので、今年いっぱいはそのまま使えますね。

200707161105000

事務所のHPです。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~miwa-m/

http://blog.with2.net/link.php?260423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »