« レターパック | トップページ | 扶養控除の改正 »

2010年4月14日 (水)

税金の種類

最近、寒暖の差が激しくて肩こりも悪化してます。

さて、一口に税金とよく口にしているのを聞きますが

日本の税金の種類は何種類くらいあると思いますか?

これが、なんと45種類もあるのだそうです。

ハッキリ言って私もその全部は知りません。

また課税の方式も全部はわかりません。

税理士の申告業務で普段携わる主な税金は以下の税金です。

所得税・・・個人の所得に対して課される国税です。

       なんと所得税法の中では所得の種類も10種類あります。

(個人の所得にはこのほか、都道府県民税・市町村民税もかかります。)

法人税・・・法人の所得に対して課される国税です。

消費税(国税)及び地方消費税・・・事業者に対して課される税金

                     でも、その税金を負担するのは消費者なので、これを

                     間接税と呼びます。

  *消費税は5%と言いますが・・・国税は4%

                     地方消費税は上記の4%×25%=1%

                     合わせて5%となっています。

法人都道府県税・法人市町村民税・・・法人の所得(法人税の額に対して税率をかけます)応じて課税される地方税。その他、均等割と言って所得が無くても資本金や従業員の人数によって課税される税金もあります。

事業税・・・法人の所得に対して課税される地方税

地方法人特別税・・・法人の所得に対して課税される国税

            でも、これは都道府県に納めます。

仕組みが複雑ですのでここを参照してください。http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/chihou_houtoku.html#Q_1

地方間の財政のバランスをとるのを目的としてますね。

贈与税・・・贈与によって財産を取得した人に対して課される税金です。

相続税・・・相続によって財産を取得した人に対して課される税金です。

これらの税金は申告納税方式なので納税者が自ら税額を計算して申告・納付をします。

その計算方法、適用関係、手続き等が複雑なので税理士が依頼を受けてそのお手伝いをするというのが税理士の主な仕事です。

まずは、自分が一生懸命働いたら、どんな税金がかかってきて、自分の行動がどのように税額に反映されるのか?理解できるとイイと思います。

大事なのは納税者本人の意思と事実です。

    

200707161105000

事務所のHPです。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~miwa-m/

http://blog.with2.net/link.php?260423

|

« レターパック | トップページ | 扶養控除の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税金の種類:

» NaviCreator.com 設置サイトランキング [無料アクセスアップNaviCreator.com]
ココに投稿登録すればブログのアクセスアップは間違いなし!でも、意外と知らない人も多い。SEO攻略に利用できるサイトで、私が毎日DMや様々なブログにTBしてるので自動であなたのwebsiteアクセスアップが可能♪ [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 10時51分

« レターパック | トップページ | 扶養控除の改正 »