« 仕事納め | トップページ | 久しぶりの更新 »

2010年1月16日 (土)

忙しい時ほど確定申告

2010年の年明け後、最初のブログになってしまいました。

税理士事務所では、これから確定申告時期の繁忙期に入ります。

確定申告のことで昨年気になったニュースは、

脳科学者の茂木健一郎さんの3年間の所得税の申告漏れの件です。

申告漏れになった原因として、多忙であったことを理由にしてそうですね。

テレビなどでもお見かけしていたし、大変お忙しかったのでしょうね。

でも、税金に携わる仕事をしている者として感じたことは、

仕事で多忙であるということは、それだけ申告すべき所得もあるハズだと思いますから、常識から外れている理由だな~ということでした。

3年間、税務署から指摘されるまで、なぜ税理士に相談できなかったのか?

これに関しては、税理士がどんな仕事をしてくれるか?って一般的に分かりにくいことも要因なのかな~?とも思いますが。。。

給与所得を得ているサラリーマンに関しては、不動産や株を売って利益が出ている・2か所からお給料もらっている・2,000万円を超えるお給料をもらっている等の人は所得税の確定申告は必要ですがほとんどの人は勤務先で年末調整をしているので、確定申告を必要としない人が多く、税理士って馴染みが薄いと思います。

会社や自分で事業を始めた人は自分で所得(利益)を計算して税額まで計算して申告して納めなければならないので、その所得を把握するための、帳簿の付け方から、税務に関する相談。申告書の作成などの税務代理を主な業務としています。

また、サラリーマンの人で年末調整が終わっている人でも、自宅を売って損をした・医療費がたくさんかかった・住宅ローンを借りて住宅を購入した等の人は、申告することで、一度納めた税金が戻ることもあるので、そのような際には相談に応じます。

そのほか、相続や贈与があった場合も相談に応じ・申告書の作成や提出等の税務代理を引き受けます。

税理士料金は安くはないかもしれませんが、それに見合う価値のある仕事を心がけている税理士はたくさんいますので、お近くの税理士に相談して活用してみてはいかがでしょうか。

日本の税制は申告納税制度です。

自分で所得・税額を計算して税金を納めます。

これは、義務でもあるけれど権利でもあります。

この権利を守るためにも申告しましょうね。

200707161105000

事務所のHPです。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~miwa-m/

http://blog.with2.net/link.php?260423

|

« 仕事納め | トップページ | 久しぶりの更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙しい時ほど確定申告:

« 仕事納め | トップページ | 久しぶりの更新 »