« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

成年後見人

9月に入っても暑い日が続いてましたが今日はめっきり涼しいです。

寒暖の差が激しくなってきたのでまわりには風邪をひいている人もおおいです。

気をつけましょ。

9月に入ってから、成年後見人を考えるような出来事がありました。(仕事上で・・・)

そんなとき偶然に、ある大学で行われる講座の宣伝を見ました。

申し込んで参加しました。

これは通常の法学部の授業の中で一般社会人にも公開するという授業です。

講師は実際に成年後見人制度に携わっている実務家の司法書士さん。

成年後見人は旧法の禁治産・準禁治産制度から新しく平成12年にできた制度です。

このときは、介護保険の制度と一緒に始まったのですが、マスコミの注目は介護保険制度に集まって、成年後見人の制度は注目が薄かったらしいです。

成年後見人は被後見人の財産管理・身上監護にとても有用な制度ですが、これがマスコミに取り上げられ少し注目されるようになったのは、ある事件がきっかけとなったことからだったと言われています。

認知症が進んだ老姉妹が悪徳リフォーム業者数社との契約で、財産をだまし取られる。というような事件。

現在、有用な制度と言われているものは、このような不幸な事件がきっかけに整備されていったという経緯が多いのは事実なのでしょう。

人間、生きていれば必ず年をとって老いることは避けられません。

核家族化が進んでみると、世間では独居老人が増える結果となった訳ですが、そこには必ず老いというものを考えさせられます。

まだ、講義は始まったばかりです。

自分の老後もあるけれど、これを税理士の仕事として、どのように携わっていけるのか考えていきたいと思います。

写真

http://blog.with2.net/link.php?260423

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年9月19日 (水)

ママでも金

世界柔道の谷亮子選手、「ママでも金」取りましたね。

世間は来年の北京オリンピックでの金も期待しているようで、まだまだプレッシャーの中での練習の日々が続くのでしょうね。

勝利のインタビューでは、「育児を言い訳にしたくなかった。」という言葉がでて、金メダルにこだわった意地も感じました。

スポーツニュースでのインタビューをみていると、育児しながらのトレーニングをしているらしいですね。

スクワットや腹筋は赤ちゃんを持ち上げながらしているそうです。

適度な負荷になっているとしたら、ママの金の協力になっているのかもしれません。

腹筋は足元に赤ちゃんを座らせて足で持ち上げて1000回・・・こなんことしてくれるママは世界に数えるくらいしかいないでしょう。

世界的にみれば、普通にタクサンいるのでしょうが、

日本人オリンピック選手でママさん選手って記憶にないです。

でも、谷亮子選手は結婚・出産を経ても選手であり続けることはとても自然に写ります。

田村で金・・・だけでもとてもスゴイことです。

谷でも金・・・勝ち続けることは、ライバルは他人だけではなく自分自身の内面との戦いも必要でしょう。

そして、ママでも金・・・頑張って欲しいです。

結婚や懐妊の記者会見など、柔道以外の谷選手ってとてもかわいらしくて気さくな印象があります。あの笑顔の裏にはものすごい根性があるのでしょうが、それを感じさせません。

それが、試合になると、とたんに豹変するように見えます。

一昔前は、山口百恵さんのように、一線を退き家庭のために尽くすというような女性の生き方が賛美されるような風潮がありました。

確かに山口百恵さんのような潔さは美しくみえました。

でも、勝利を諦めない谷選手の生き方、、、応援したいです。

その頑張る姿勢はご自分の子供さんだけでなく、多くの人々にも感動を与えてくれることでしょう。

写真

http://blog.with2.net/link.php?260423Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

受験勉強の再開

9月になりました。気温はまだ暑いですが、日が短くなって、朝晩の風は涼しく感じるようになりました。

税理士試験を受けていると8月に試験が終わって、しばらくお勉強はおやすみで、9月からまた来年の試験向けの講義が始まる頃ですね。

先日、友人から何年かぶりだけど税理士試験の受験勉強を始めるという話を聞きました。

税理士試験は全科目合格まで長丁場になってしまう人が多いでしょう。私も長年かかりました。

ただ、私の場合、全科目合格までの間に、色々と自分の状況の変化はありましたが、なんとか勉強を続け、毎年試験会場には行けていました。

それは、受験に関してラッキーな状況にいたんだと思います。

長丁場の試験なので、その間、就職・転職・結婚・出産・親の介護など。、自分の置かれる環境は変化していきます。

それでも、税理士試験は科目合格制。一旦受かった科目は取り消されません。

何年かかっても、自分の状況にあわせて合格していくことが出来るものだと思います。

これから、受験のためにまた勉強するのかと思うととてもシンドイけど、

私が合格してから税制改正になったものや、新設された規定を受験校で勉強できるのはうらやましく感じました。

写真

http://blog.with2.net/link.php?260423Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »