« 猛暑!? | トップページ | 受験勉強の再開 »

2007年8月26日 (日)

新減価償却

平成19年度税制改正の目玉です。

平成19年4月1日以降、法人は事業共用した資産から、個人は取得した資産から適用することができます。

従来の減価償却とどう違うのか?

というと、従来は残存価額10%として、取得価額の95%まで減価償却限度額として計算していたのですが、これが残存価額なし、で取得価額の100%まで減価償却限度額として計算します。

定額法の計算は毎期、取得価額に償却率をかけて計算するので、シンプルに計算できますが、問題は定率法です。

ある事業年度(特定事業年度)までは今までのように残存簿価に定率法の償却率をかけて計算するのですが、それは、耐用年数の途中までで、保証率という率を取得価額にかけて算出した価額を下回ったときは、改定償却率をいう率を使って、残りの残存期間で均等償却します。

以前と比べて、かなりややこしくなりました。、

法人に限ってのことですが、中小企業会計基準では、まだ、旧の減価償却方法も認めているようです。旧減価償却費は新減価償却費を金額を下回ります。その会社の状況によって旧のまま減価償却をするのも選択肢の一つになりますね。

写真

http://blog.with2.net/link.php?260423Banner_02

|

« 猛暑!? | トップページ | 受験勉強の再開 »

コメント

突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

投稿: magazinn55 | 2007年9月 2日 (日) 09時58分

弊社ソフト、「Win減価償却システム」の掲示を拝見させて頂き、メールしました。掲示して頂いた経緯など、よろしければ、感想も含めて、お知らせ頂けませんでしょうか?
弊社開発の雑感記事は、ご存知でしょうか?
http://www.taxon.co.jp/genka/gkkaiseipoint.htm
特に、法人税法施行規則第18条と、「1円備忘価額」の
関係は、既に、皆様、ご存知でしょうか?
宜しくお願いします。

投稿: 佐久間 俊生 | 2007年10月18日 (木) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新減価償却:

» プロミス駆け込み寺 [プロミス駆け込み寺]
しょこたんこと中川翔子がCMキャラクターで「大人のマナー」でお馴染み、プロミスの情報サイトです。お金を借りるということについては、人にはわからないそれぞれの人の事情があるでしょう。それはわかりますがまず落ち着いて一呼吸して情報収集をし、しっかりとした計画を立ててから借りましょう。プロミスは優良な最大手の消費者金融です。大人のマナーを守れば最高のパートナーになってくれるでしょう。... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 00時09分

« 猛暑!? | トップページ | 受験勉強の再開 »