« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月24日 (木)

ご祝儀の課税って?

5月は税理士にとっては繁忙期です。

事業年度が4月1日から3月31日とする3月決算の会社が多いためなんですが。

3月決算の会社は原則5月が申告書の提出月にあたります。そして、平成18年で創設されたいわゆる「オーナー課税」の適用による申告書も平成18年4月1日以降の新設法人で既に決算期を迎えていた法人や事業年度を1年未満の法人以外は今月から提出がはじまりましたね。

改めて、シンドイ規定であると痛感してます。

さて、先日ラジオで耳にしたのは、歌舞伎役者の襲名披露パーティでのご祝儀の申告モレの話です。

落語家でも同じことがありましたね。

ニュースを聞いているだけでは、とっさに判断しかねます。

歌舞伎役者も落語家もこれは事業として行っているもので、ここのご祝儀はその事業に伴って得たもの。これは、わかりますが、

こういう襲名披露パーティーでは、実際にご本人が歌舞伎を舞ったり、落語をしたりするのでしょうか?

もっと、詳しく事例を聞いて、課税庁の見解も聞いてみたいと興味を持ちました。

http://blog.with2.net/link.php?260423Banner_02_52

| | コメント (2) | トラックバック (5)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »