« 役員給与の事前届出の用紙の情報 | トップページ | 事前確定届出給与の経過措置 »

2006年6月15日 (木)

事前確定届出給与に関する届出書

もう、すでに、国税庁のHPやエッサムのゆりかご倶楽部のサービスでも、手に入れることはできますが、昨日、税理士会の支部で、この届出書のセットを手にいれてきました。

届出書の他に付表1として直前の会計期間からの「事前確定届出給与等の状況。付表2として、「事前確定届出給与対象者以外の役員に対する給与の状況」の添付どちらも、その役員の氏名入りのものです。

現在の年俸制の役員給与もこの届出を出す必要があるようです。

昨日は、所属税理士会の支部の定期総会でした。この、届出については、まだ、先行きを見てから、導入するかどうか判断するという税理士さんたちの声が多かったかな。

このブログ、見てくれたお知り合いの同業者さんたちに話題にしていただきました。6月になっても、繁忙期(5月がそれほど忙しくなかったかも・・・)から抜け切れない感がありますが、なんとか続けていきたいです。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_10

|

« 役員給与の事前届出の用紙の情報 | トップページ | 事前確定届出給与の経過措置 »

コメント

人気ブログランキングに気になる最新求人情報http://plaza.rakuten.co.jp/hitodasuke/)という
タイトルで参加している影武者(kagemusha0319@yahoo.co.jp)と申します。

このたび、ブログリング(http://blogring.ne.jp/)というSNS(ブロガーのためのコミュニティ)の中に「人気ブログランキングを語ろう」というコミュニティを立ち上げました。ランキングアップについての情報交換だけでなく、ブロガーどおしの交流を深められたらと考え、お誘いの
連絡をさせていただきました。如何でしょうか。

参加申し込みは以下からできます。
ブログリング http://blogring.ne.jp

ご参加を心待ちにしております。

投稿: BlogRing | 2006年6月15日 (木) 15時15分

はじめまして。
事前確定届出給与に関する届出書は、「会計期間3月経過日」以降に選出された役員については提出期日を過ぎてしまっているので、選出された事業年度はこの届出を出して損金算入が認められるということはないのでしょうか?また、経過措置が講じられているとはいえ、その期日が18年6月30日であるということが果たしてどれくらい周知されているのか、疑問を感じます。(案外知らない人が多かったりするんじゃないかという危惧は、先生方に対して失礼なことかもしれませんが・・・。)

投稿: Ciclistamario | 2006年6月16日 (金) 17時22分

会社の登記が完了してもうすぐ一ヶ月。本当に色んな書類が必要なことを実感しました。保険書をGETするのにこんなに手続きが必要とは思いもしませんでした。ただ今、保険書ない状態です。

投稿: たまちゃん | 2006年6月18日 (日) 00時59分

初めてコメントします!
役員給与の事前届出について、現在の年俸制の役員給与もこの届出を出す必要があるっていうのは意外でした・・・

でもなかなか中小企業ではこれを使ってっていうのは難しいでしょうか・・・

投稿: takashi | 2006年6月18日 (日) 01時48分

Ciclistamarioさん。コメントありがとうございます。届出の期日は、会計期間3月を経過する日と、職務執行期間開始日のいずれか早い日ですもんね。株主総会が決算から3ヶ月以内に行なわれるので、そこで選任された方に関しては間に合うということでしょうけど、その後に選任された役員さんに関してはいずれか早い日といわれると会計期間3月を経過した日に該当してしまうでしょう。
経過措置に関しては、この6月30日に間に合うように用紙が出来きてきました。

投稿: 松崎美和 | 2006年6月19日 (月) 01時41分

たまちゃん。また、来てくれてありがとうございます。早く、軌道にのって、本業を頑張りたいところでしょうね。

投稿: 松崎美和 | 2006年6月19日 (月) 01時45分

takashi さん。コメントありがとうございます。
役員給与、1ヶ月以下の定期同額に該当しない場合で損金算入するには、届出必要ですね。
利益連動型の役員給与の損金算入の規定は使える会社は要件厳しいですが、こちらは、見通しがあれば、中小企業でも使えそうです。でも、届け出た金額まで、出せなかった場合のことを考えると・・・と、様子を見る人も多いのかな。

投稿: 松崎美和 | 2006年6月19日 (月) 01時58分

こんにちは、はじめまして。
ほそぼそと起業支援をしているえりちーと申します。
事前確定届出給与について調べていて、ぐぐったらここにきました。
実は、先ほど税務相談室に電話をかけたとき係官の方が、「事前確定届出給与に関する届出書の定額給与の記載については参考であって、届出内容ではない」と、聞きもしないのにおっしゃっていました。
ご参考になればと思ってコメントしました。

それから、これもご参考なんですが、事前確定届出給与で届けた額に実際の支給の額が満たない場合でも、届けた額を損金計上するのだそうです。これって、ある意味おいしいのでしょうか。
そのあとどうなるのか、聞き漏らしたのですが、あくまでも支給をずらしただけということであって次の期に調整するのかしら。
でも、ずっと過大に届けていたら税金払わなくていいの?かな??
そんな余裕はないので、うちはそんなことしないけど、他人事ながら気になります。

投稿: えりちー | 2006年6月19日 (月) 10時26分

自己レスです。
どうもおかしいと思ってもう一度税務署に電話しました。(なかなかつながらないですねー。)

そうしたら、「損金ですよ」と聞いたと思ったのは、思い違いで、
全額「損金不算入」でした。

要は、オールオアナッシングということですね。
届け出た金額のままなら損金算入。
それ以外なら全部損金不算入で、全額課税。だそうでした。

おさわがせして申し訳ありませんでした。

投稿: えりちー | 2006年6月19日 (月) 13時08分

えりちーさん、コメントありがとうございます。
ふーん。税務相談室混んでますかー。
税法は施行され、国税庁のHPでも条文は確認できますが、取り扱い通達がまだ見れませんねー。

投稿: 松崎美和 | 2006年6月20日 (火) 00時47分

初めまして。役員給与の事前届出でわからないことがあるのですが、4月1日に開始する会社が、6月30日に事前届出をするのですが、6月末に支給する賞与は、損金になると税務通信に言われました。これは経過措置があるためだといわれました。では7月1日に開始する会社が株主総会8月25日で、それより前に届出をし、賞与を8月末に支給するのは損金として認められるのでしょうか?この賞与の支給対象期間は3月~8月分とします。

投稿: 野口 | 2006年6月20日 (火) 18時46分

初めまして!
現在去年立ち上げた会社で経理を担当してます!
元営業マンのため、色々参考にさせていただこうと思ってます。

これからも宜しくです☆

投稿: RON | 2006年6月22日 (木) 10時49分

RONさん。こちらこそよろしくおねがいします。

投稿: 松崎美和 | 2006年6月23日 (金) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事前確定届出給与に関する届出書:

« 役員給与の事前届出の用紙の情報 | トップページ | 事前確定届出給与の経過措置 »