« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月)

税理士報酬

最近は、会社法の施行により会社がつくり易くなったので新しい会社が多く出来ていることでしょうね。この、ブログを見てくれたという新社長さんともメールのやりとりがありました。

そこで、感じたのは、税理士の報酬について疑問をもっている人が多いのではないかという事です。

以前は、税理士の報酬は規制がありましたが、今はなくなりました。それぞれの税理士が独自の考え方で独自の料金体系を設定していることでしょう。

税理士の中でも、いろいろなタイプがあります。

会社の経理・税務だけではなく、社長のご家族状況・財産の状況・従業員の個人的な状況までみて、お客様ごとに、じっくりとトータルして、一番いい方向性を考えていきたい人。こちらは、料金が高くなってしまうかもしれません。

お客様に、コスト的な負担をかけないように、過剰サービスはやめてシンプルで、ポイントを絞ったサービスを心がけている人。こちらは料金は安くすむかもしれませんが、ポイント以外の部分には踏み込めません。

得意分野に特化していき、専門性を重要としている人もいるでしょう。

ほんの一部ですが、などなど・・・

また、お客様の方も、業務や営業に専念したいので経理・税務面はおまかせしたい。とか、なるべく、自分で経理面も携わっていきたいので、コストをかけたくないとか、さまざまな希望があることと思います。

疑問を持ったら、お客様は提示された金額に対し、説明を求め、話し合いをするのがイイと思います。自分は、どこまで、出来るのか、何を頼みたいのか。

コストを下げる努力をしてくれるのは、うれしいことと思います。

でも、話合いから、税理士の仕事の内容(価値)を理解していただけると、うれしいです。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_12

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

事前確定届出給与の経過措置

野口さん。

以下のコメントありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めまして。役員給与の事前届出でわからないことがあるのですが、4月1日に開始する会社が、6月30日に事前届出をするのですが、6月末に支給する賞与は、損金になると税務通信に言われました。これは経過措置があるためだといわれました。では7月1日に開始する会社が株主総会8月25日で、それより前に届出をし、賞与を8月末に支給するのは損金として認められるのでしょうか?この賞与の支給対象期間は3月~8月分とします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年度は施行初年度になり、経過措置が使えられそうだと思いますよ。これは、平成18年4月以後最初に始まる事業年度が対象です。上記を例に考えますと職務執行期間開始日は3月1日ですね。会計期間開始から3月経過日は9月30日ですね。いずれか早い日は3月1日。ここで、経過措置そのいずれか早い日が6月30日以前の場合は6月30日が届出期限です。従って、3月1日は6月30日以前なので、6月30日までに届出をすれば損金算入出来そうだと思います・・・野口さんは、どおお考えでしょう?考えていただくことの参考として受け止めてください。実際に届出するときは、よく考えて判断してくださいね。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

事前確定届出給与に関する届出書

もう、すでに、国税庁のHPやエッサムのゆりかご倶楽部のサービスでも、手に入れることはできますが、昨日、税理士会の支部で、この届出書のセットを手にいれてきました。

届出書の他に付表1として直前の会計期間からの「事前確定届出給与等の状況。付表2として、「事前確定届出給与対象者以外の役員に対する給与の状況」の添付どちらも、その役員の氏名入りのものです。

現在の年俸制の役員給与もこの届出を出す必要があるようです。

昨日は、所属税理士会の支部の定期総会でした。この、届出については、まだ、先行きを見てから、導入するかどうか判断するという税理士さんたちの声が多かったかな。

このブログ、見てくれたお知り合いの同業者さんたちに話題にしていただきました。6月になっても、繁忙期(5月がそれほど忙しくなかったかも・・・)から抜け切れない感がありますが、なんとか続けていきたいです。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_10

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

役員給与の事前届出の用紙の情報

今日、6月9日に耳にした、お話です。このタイトルの用紙、今日所轄の税務署に通達があったそうです。来週には手に入るかもしれません。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_9

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 2日 (金)

交際費5000円以下の飲食代の実務

6月に入りました。申告期限の延長をしていなければ3月決算も終わったところですし、4月分の月次の実務も始まってますよねー。

ところで、交際費の5000円以下の飲食代の実務ってみなさんどおしてるんでしょう?日付やお店の名前やお店住所は領収書・レシートに書いてありますよね。でも、参加人数や相手先の名称・氏名までは書いてないし・・・会計ソフトに入力してても、書ききれないし・・・

今のところ、関与先さまには領収書・レシートに参加人数や相手先の名称・氏名をメモ書きしてもらうようにお願いしてます。

法人にとっては今までより優遇された規定だけど、その分面倒も増えてしまって、イイ方法ないかなーと、探ってます。

この規定については小川成幸税理士事務所のブログでも詳しく説明してくれてます。http://ogawa-zeirisi.cocolog-nifty.com/ogawa_blog/

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_8

まっちゃんに勧められて始めたブログランキング、順位がドンドン伸びて自分でもびっくりしています。みなさん読んでくれてありがとうございます。これからも、マイペースで続けていきます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »