« 女性の会 | トップページ | 役員給与の事前届出の用紙 »

2006年5月17日 (水)

新会社法による会社設立

今日は、大安です。日にちが良いという事で、会社設立の申請を今日にあわせて準備を整えイザ法務局へ行ってきました。

問題発生です。。。それは、出資金の払込みがあったことを証する書面の添付書類です。

新会社法による会社設立では旧法で要求されていた銀行の出資払込保管証明書は要りません。発起人の残高証明書で足りると言われていました。

でも・・・残高証明書では法務局では受け付けてくれません。

通帳のコピーが必要です。

どんな通帳のコピーかというと・・・

発起人から、定款作成日以後の日付で出資金の金額にぴったりとあう金額の振込みがされている部分にマーカーを塗ったものです。発起人本人の口座の場合はATMで入金しても名前は印字されませんよね。その場合は銀行の窓口でその旨を説明して、入金をする。

今現在出版されている新会社法の設立に関する書物では、こんな細かいことまでは書いていません。私も4月の中旬過ぎに法務局に相談に行ったときは、5月1日に1円でも振り込んで5月1日の残高が証明できればいいですよ!って事でした。

法務局の人によれば3/31発令の会社法施行通達782号で法務省から4月中旬過ぎに各法務局へまわったようで、この通りでないと受理できませんとのこと・・・

私が相談に行ったのを覚えていたのか、他の多くの相談者にも同じ説明をしていたのか、申し訳なさそうに対応してくれました。申請者側の手続きも面倒ですけど、現場の職員たちも、上からの発令には従わなければならない。しかもそれが遅い・・・どっちもやりにくい!もっと、早く法務省から明らかにして欲しかった!と思わざるをえませんでした。

http://blog.with2.net/link.php?260423

Banner_02_6

|

« 女性の会 | トップページ | 役員給与の事前届出の用紙 »

コメント

 本当そうですね。
 しかも会社法施行通達782号は法務省のHPでも掲載されてますが、印刷すると150ページ近くもあるから、なかなか細かく読んでる時間ないですし。
 あと、法務省のHPに下記のような注意が書かれてましたが、早速詐欺の手口に使われてるんですね。
 気をつけないといけないですね。

※以下法務省HPより
 最近,司法書士等を名乗る者から,会社法の施行に伴い登記が必要なので,そのための登記費用の振込みを求められたとの情報が寄せられています。
 すでに登記をしている会社のうち,資本金の額が5億円以上の会社等の一部の会社を除き,会社法等の施行に伴う必要な登記については,登記官が職権で登記をしますので,新たに登記の申請をしていただく必要はありません。

投稿: まっちゃん | 2006年5月18日 (木) 12時22分

お邪魔します。青税でいつもお世話になっている東京のさかたです。まっちゃんにこのブログのこと聞きました。まっちゃんの力は偉大で、すぐに、このブログがランキング上位に来てしまいます(笑)。

私も今年から「青年税理士の徒然日記」を書いてます。
今後ともよろしくね。

投稿: さかた | 2006年5月19日 (金) 09時32分

まっちゃん、さかたさんコメントありがとうございます。まっちゃんにすすめられて、ブログランキングも始めてみましたが、ちゃんと貼り付けができない!フリーのブログだからかなー???「青年税理士の徒然日記」存在はみてたけど、さかたさんだとはまっちゃんに聞くまで知りませんでした。こちらこそ、よろしくね!

投稿: 松崎美和 | 2006年5月20日 (土) 00時54分

ブログランキングもかなり上位に来て「青年税理士の徒然日記」に迫る勢いですね。

今は繁忙期です(と言いつつ書き込みしてますが…)し、更新も大変だと思いますが、無理しないで、気長に続けてくださいね。
たまにコメントしますので。

そのうち千葉青税のブログにも書き込みしようかな…

投稿: まっちゃん | 2006年5月23日 (火) 16時22分

はじめまして・・・
「まっちゃん」が宣伝しまくっていますので(笑い!)、お邪魔しました。
ランキングでいつも「青年」に負けて悔しい思いをしている東京青税(阿保勢)の中年親父です。
ところで、このコラム・・・すげぇ~ためになります。
今後ともよろしくお願いいたしやす。

投稿: のりぴぃ | 2006年5月24日 (水) 00時25分

まっちゃん。お気遣いありがとうございます。新会社法での会社設立など、実際に会社法が動き始めて、改めて、まっちゃん兄の講義聞いてみたいです。

投稿: 松崎美和 | 2006年5月24日 (水) 01時12分

のりぴぃさんはじめましてー。お会いしたことなのかなー?おやっ青年税理士・中年税理士・女性税理士・揃い踏みで・・・こちらこそよろしくお願いいたします!

投稿: 松崎美和 | 2006年5月24日 (水) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新会社法による会社設立:

« 女性の会 | トップページ | 役員給与の事前届出の用紙 »