« 役員給与の事前届出その2 | トップページ | 新会社法による会社設立 »

2006年4月13日 (木)

交際費5000円以下の飲食代

法人の交際費改正で法人が支出する交際費で5000円以下の飲食代は交際費は損金の額に算入されますが、次の事を記載した書類の保存が必要だそうです。

①飲食等のあった日②飲食等に参加した、得意先・仕入先・そのた事業関連者③参加人数④費用の金額・お店の名前・所在地⑤その他参考となるべき事項

②と③はお店からいただく領収書には通常書かれませんよね。元帳の摘要欄に書く事項が増えました。

|

« 役員給与の事前届出その2 | トップページ | 新会社法による会社設立 »

コメント

税務通信には1人5000円以下であれば場所が異なればそのつど認められるといっていますが、それはないでしょう。ある地方の税務署に聞いたら未だはっきりしていないとのことでした。

投稿: おせっかいひまじん | 2006年5月17日 (水) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交際費5000円以下の飲食代:

« 役員給与の事前届出その2 | トップページ | 新会社法による会社設立 »